マンションを賃貸にだす


マンションを売却しようとしてもローン残債の清算ができなくてあきらめる方も少なくないようです。また、よほど立地条件がよくない限り、売却価格が購入価格を上回るということはあり得ないため、結果的に大きな損をしてしまうことにもなりかねません。特に、転勤でマンションを一時期留守にする場合などで、一定の年数が経過して自宅に戻れるという確証がある場合には、手放さず留守にしている間だけ、賃貸にだすという方法を選ぶことを検討されてみてもいいのではないでしょうか。

一定期間の間だけ、マンションを賃貸にだすことの最大のメリットは、資産を維持したままで家賃収入が得られるということです。期限を決めて貸し出しすることで、近い将来伊寧戻って住むこともできます。問題点としては、借り手が見つからないまま空室期間が長くなると無収入となり、維持費などのコストだけがかかることになる、家賃滞納などで入居者とのトラブルが発生する可能性がある、賃貸経営上の手間や固定資産税などの経費が発生する、などがあげられます。しかし、売却するよりも資産活用に有利だと考えて賃貸を選択する人が多いようです。賃貸にはサブリースやリロケーションといった種類がありますが、転勤による留守の際の効率的な賃貸であれば、投資用の不動産オーナーを対象とすることが多いサブリースよりも、リロケーションの方が向いているでしょう。

マンションのリロケーション

転勤後にまた戻ってくることを前提としてマンションを賃貸にだすのであれば、リロケーションサービスを利用するのがおすすめです。リロケーションは、期間限定で家を貸したい人や住み替えなどで現在のマンションを子どもたちに資産として残したい人にピッタリのサービスで、貸出期間が満了になるとマンションが修繕された元の状態で戻ってくるという不動産会社の管理業務のひとつです。貸出期間中は、管理、維持に手間をかける必要が一切なく全て不動産会社が対応してくれるのも大きな魅力です。ネットでは、複数の業者を一括で検索できる不動産見積もりサイトがあり、自分の足で何件も不動産を回る手間が省けるのでとても便利です。

マンションなどの賃貸運営には何かと煩雑な手間が伴いますが、業者に依頼すると現地物件調査、貸し出す際の希望や質問、説明を丁寧に行ったうえで、査定額を参考にしながら最終的な賃貸条件を決定します。次の段階として、条件に合った入居者をネットワークを使用して募集し、入居希望者から提出された入居申込書に基づいて審査を行います。貸主は業者からの審査内容の結果報告を受け、承諾すれば賃貸借契約を結ぶことができます。入居者の募集や契約手続きなどを全て業者が行ってくれるため、貸主として動かなければならないことがほとんどありません。留守中のマンションを貸したい人にはリロケーションが最適なサービスであると言えるでしょう。


マンション住まいからの転勤


都内で念願のマンションを手に入れ悠々自適に生活していた矢先に転勤となって5年は戻れないと言われてしまったら、とてもショックでしょう。しかし、落ち込んでばかりもいられないので前向きに対処法を考えなければなりません。持ち家であるマンションに住めないとなると、空き家のまま維持する、売却する、賃貸に出す、の3つの選択肢から選ぶことになるでしょう。転居先の住居の確保や子どもの幼稚園や学校などの手続き、引っ越し準備など、やらなければならないことは山積みなので、早い段階で結論を出して動かなければなりません。

空き家のまま維持することについて考えてみましょう。ベッドやテーブルなどの家具や家電品などもそのままの状態にしておくことができ、住みたくなったらいつでもすぐに戻れるという安心感があり、不動産価値のあるマンションをそのまま保有できるというメリットがあります。その反面、建物の劣化や防犯上の心配があるため、近くに住む親族や管理会社などに定期的な管理を依頼する必要がでてきます。また、居住していなくても固定資産税の支払いや維持費、毎月の管理費や修繕積立金はそのまま継続されるため、新居での生活とともに経時的な負担が大きくなるという負担があります。

では、売却する場合についてはどうでしょうか。保有を維持することで発生する諸経費を省くことができるとともに、売却した代金を別の物件を購入する際の資金に充てられるというメリットがあります。その反面、住宅ローン返済が終わってない場合は、売却時に残債を一気に行わなければならず、購入時よりも大きく値崩れしている場合には、それができないことも考えられます。また、仲介手数料や登記費用などまとまった資金が必要になるとともに、何よりもせっかく手に入れた資産を手放すことになってしまいます。当サイトでは、マンションを留守にするときに役立つ情報を提供します。ぜひお役立てください。